スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)

男心と春の空。雨ウゼェ(ぉ 

【※注意:この記事は序盤と後半でテンションが大きく変動します】

CLANNAD -クラナド-

古河さん急病の為、
急遽番組の内容を変更してGolden Strada #79のレビューを行いたいと思います(ぉ

ごめん、一番最後に試した黄金さんのレビューの方が先に出来てしまったorz

【参加ケーブル】
・ortofon SPK-3100 Silver
←第1回目
・SHARKWIRE(型番不明)←第2回目
・古河 μ-T1
・Golden Strada #79←今回
 

Tさんのレビューはコチラ
Mさんの解説はコチラ

さらにこの内容と連動したMさんの補足記事はコチラ

【Golden Strada♯79】

第一印象っすが、出しちゃう?久々に出いますか~ぁ?



MARVELOUS!!!

これは気持ちいい音出しやがるぜ!!

いやね、これに関しては最初に聴いた曲の影響が大きいね。
U5を全曲シャッフルにしながら聴いてたんですが
まず1曲目がコールドプレイの「Viva La Vida」
次に流れたのがLia「夏影」
最後にトドメがJosh Groban 「Awake」 だからさぁ大変w


その理由ですがコイツの試聴開始直後の印象は 

・とにかく音が広がる!
Ortofonも鮫紐も音場は広かったんだけど、
当たり前だが両者とも飽くまで「前方から」の音の広がりに対し、
コイツの場合、曲構成のメインパーツの定位が中央に寄り気味なものの、
残響音や楽器の響、バックのパッド音などが部屋中に広がり
とにかく音に包まれてるような感覚!
「音の結界」ってよりは「空気が音と化してる」ってイメージ。
これは相当気持ちいい!

・滑らか~で伸びやか~
単純な滑らかさで言えば俄然オルトフォン以上。
ただオルトフォンは若干金属的でツヤっぽさのある上での滑らかさで
コヤツは割とナチュラルな滑らかさ。

…と、以上の点を上げるとどうしても「解像度」が懸念されますが
最低限の解像度はキープしてて、
楽器の輪郭もわりとしっかりしそこそこアタック感も維持してます。

流石Mさんが大枚叩いただけの事はある(本人様は全く気に入ってなかったようですが^^;

でも生楽器の粗っぽさやニュアンス表現はいまいち。
生音もややシンセ的というか人工的な感じに聴こえてしまうのが玉に瑕。
その辺はこのケーブルのキャラだと割り切って付き合うべきところかも…。
あと全体的に押しが弱い。特にボーカルが引っ込んでるのが惜しい!
せめてボーカルがもっと前に出ててくれてたら・・・。
ただ、ボーカルに関して救いなのが、
オルトフォンがやや低音成分が飽和気味で
鮫紐がやや上ずり気味だったのに対し、これは癖がない。
非常に聴きやすい感じにはなってる。

あと、意外にもバンドサウンドでも変なスポイルがなくて
広く寛容でいれば幅広いジャンルで対応できるかと。

TさんがMgインシュレータを使うと定位が上がるって言ってたけど
たしかに上がってる・・・。
でも我が家はTさん家とは逆に低い位置にスピーカーがあるので
この辺は無問題w

あと我が家ではステレオはテレビの音声も兼用してるのですが
いや~、コレは相当イイ!
先に書いた「包まれる様な音の広がり」が功を奏して
臨場感があるねwつか普通にアニメ見てる時でも気持ちいいからw


んで一晩鳴らして・・・

生楽器の表現力は甘いけど、だいぶ音がシュッとした感じになった。
オールマイティ性はあがった。
あとちょっと固めの方向になって定位感もやや良くなったw


んで二晩鳴らして・・・・

中央に寄ってた定位が広がった。
音が締まったと同時に最初感動した音の広がりが薄れていき・・・
トータルバランス的には纏まった気がするけど
面白みがなくなったのも事実。


んで三晩鳴らして・・・・



「ん?音の広がり?何それ?」(マテ



やっぱ全体のバランスは一番取れてる。聴き疲れも緊張感も少ない。
中域の分解能が銀メッキに比べて若干悪い。
低域がややモタつくので、バスレフポートにウレタン詰めたら歩調が合ってスッキリとした。

なんというか纏まり過ぎてて、セット販売されてるコンポみたいな感覚が・・・

でも、これに慣れたら、「このままでいっか」と思ってしまうのも事実。
そして人間の脳は老いていく(ぇ


~まとめ~

【周波数特性】
やや高音より?
我が家のシステム的に広い目で見ればフラット
でも部分的に情報が欠落までは行かないにしても
若干バラ付きが見られる。
ただベルデンの高音が割りと聴きやすい音になってるのは好印象。

【解像度】
それなり。ちょっと良いくらい。
それ以上に滑らかさと伸び、そして音の広がりがこのケーブルの良さなので
ある程度は大目に見てあげてください><


・・・そんな風に思ってた時期がボクにもありました(ぉ

分解能がやや低いという気も。

でも音量をかなり上げればそれなりの解像度を感じられる。

【音質】
最初は滑らかでやわらかい感じだった。
結果的にはそこそこ硬くなった。
色付けは少ない。

【音場】
オルトフォンや鮫紐が「定位が広がる」のに対し
これは定位は比較的そのままだけど音に包まれる様な感覚。
自分的にはこれが最大の特徴と思える。
          ↓
(二日目は若干飽和感が薄れてスッキリ気味に)
          ↓
(三日目は飽和感が殆どなくなり良くも悪くも普通に広い音場。包まれ感は少なくなった)

音量と適正距離の比例性がはっきりしてる。


【得意】
シンセパッド、シンセストリングス。
テノール的な芯の通った伸びのあるボーカル。
基本オールジャンルおk。

ボカロとの相性は現在最高。
シンセ音源に合ってるせいか、これが一番ミクの声を聴きやすい。
ちゅかヘタな生ボーカルより全然相性いいから困る(汗
声に仄かに質感も生まれる。

【苦手】
線の細いボーカル
生楽器(解釈による)
とりあえずボーカルと一部の楽器の押しが弱い。
      ↓
鳴らしこんだらこの辺もバランスが割りと取れてきた。


【その他】
ニアフィールドで音場感を味わうのが楽しい。
これで見たクラナドAS(BS-i版)は感動した(ぇ
HDDの容量食ってもリニアPCMで録画したくなる。←1日目の出来事

【好み度】
★★★☆☆(3~3.5)

いや、悪くはない。全然悪くはない。

クセが殆ど無く、バランスもいいので扱いやすい。
バランスが取れてるってのはある意味では凄いセールスポイントでもあると思う。
ただ、あと一歩、付きぬけたら・・・・ってモヤモヤはどうしても残る(汗

変態性には欠ける(ぉ

ちなみに俺は変態が好きだ(マテ

俺が言える立場じゃないけど、間違いなくCPはゴニョゴニョだなぁ。


【余談】

実はこの感想、3~4日かかった(汗
印象が変わるからマジで一度リテイクしようと思ったケド
やっぱ第一印象は大事だと思うので^^;
 
あと、今までは余り好きじゃないからやってなかったんだけど
今くらいの解像度等の基礎能力がある状態だと
低音抑制手段でバスレフを塞ぐのはアリだなぁ。
普通にスッキリして他の音域も聞きやすくなる。
逸○館さんが密閉型推奨したり、
態々バスレフを密閉にしたカスタムモデルを出してるのも何か分かる気がする。

 
スポンサーサイト
[ 2009/04/05 20:54 ] ありとあらゆるもの | Trackback(-) | CM(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Dec100

Author:Dec100
 
つぶやき
  
【戯言】

とりあえずブログにTwitter投稿されるようにしてみた。

T2号さん募集中(ぇ





■ガンガンON LINE

■イヤホン専門店「e☆イヤホン」のBlog

■AV&ホームシアター Phile-web

■ブログ逸品館





月別アーカイブ
ブログ説明など

20070321223016.gif

ブログ説明
 出来れば読んでネ♪

トラックバックについて
 諸事情によりTBのお返しは
 記事更新から3~5日後に
 させていただきます。
 ちなみにウチは
 TBに関しては消極的です。

相互結合自由
 ではありません
 先ずは友達から(ぇ

お願い
前のブログを見てくれてて、
尚且つこのブログに気づいてくれた人へ…

このブログの事は
安易にバラさない様に!


探し当てる事に意味があり、
そしてそれを成した者にのみ
見る権利がある!
(↑何を偉そうに)

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。